iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜中編〜

この記事はiOSDC Advent Calendar 2017の21日目の記事です。

前編
中編 ←今ここ
後編

 

f:id:kikoando:20171217161643j:plain

iOSDC Japan 2017で、初めてカンファレンスノベルティ制作をしました。なかなか楽しかったので、自分が制作したノベルティについて書いていきます。

 

※なお、iOSやSwiftのコードは一切出てきません。

 


 

 


  

 

ステッカー

 

 

もう、みんなのPCのどこにも貼る場所が無いとしても、作ってしまいたくなる(作らないと不安になる)ノベルティ。ステッカー。

 

 

iOSDC Japan 2017専属デザイナー(通称 あきた神)が、andoの雑なイメージ共有から素敵なデザインに仕上げてくれました。

 

・A案

andoが投げたイメージ↓

f:id:kikoando:20171220225942p:plain

あきた神デザイン↓

f:id:kikoando:20171220230018p:plain

 

・B案
andoが投げたイメージ↓

f:id:kikoando:20171220230113p:plain

あきた神デザイン↓

f:id:kikoando:20171220230204p:plain

 

エンジニアってステッカーたくさんもらってるから、シンプルなので良いかなと思って作ってもらったのがA案。

B案は、andoの「iOSDC Japan 2017のデザインをできるだけステッカーにしたい」という欲求を形にした物。
エコバックのデザインで作られた大量のiOSDCロゴ↓とか。

f:id:kikoando:20171220232209j:plain

Tシャツやタオルマフラーのデザイン↓とか。

f:id:kikoando:20171220232807j:plain

f:id:kikoando:20171220232638j:plain

本当に好きなデザインばかりだったので、これらもステッカーにしたくてデザイン全乗せステッカーを作ってもらいました。

結局、B案を発注・配布しました。感謝。

 

缶バッヂ

 
「ブーススポンサーのブースを回りやすくする何かが欲しいよね」「WWDCで缶バッヂの配布が盛り上がってましたね」ということで、作ることに。

f:id:kikoando:20170920154304p:plain

 

 

缶バッヂは、直前のスポンサー応募にも対応できるところが優秀だと思いました。
特急制作という、料金は3割り増しになるが2営業日で発送してくれるオプションがあって。実際、滑り込みで応募いただいたブーススポンサーの缶バッヂをこの特急制作で作って全てのブースデザインを揃えられました。

もし次回も直前制作の可能性があるノベルティを作るとしたら、制作期間は意識したいところ。

 

写真を見た感想ですが…缶バッヂ付きエコバックって缶バッヂ無しエコバックよりかっこいいと思うんですよ。作って良かった。
(ちなみに、モデルの男性は@motokieeさんです。さすが、キマってますね)
 


 

iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜後編〜 に続く。
iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜前編〜 に戻る。