iOSDC Japan 2018 の運営を振り返る #iosdc

https://lh3.googleusercontent.com/aW5U4vbX1-k3CAddFXTaKhQ3tJOc0zl31pILWnH6QsBFutFFZhEk4PeWX80eAsNckVue9e8d78aDvM2WTuXWxORvyYJWRA9VB_Xr-lD8ZHOAHx6TKH11RMFZGKQQ1t_rcEbYzSXbEIZoQhts-MSSgybIHfazqaD9jRuNtGsnOGK4DHLgz7Z4yPKTYVBtuvoESgCyOKinjRyQ8DRuQWkfyxz0H2dWYkyOFtzviA0ROSISoyUWWTYVW_o4H79kNguG0h9ftJfiKENVIBnEoWFvm3LW9W4Rm5_6Tiv4nWlFoQ0V_YTMydpPhbhP7YmNhx8gcCrFm-tnOAOlkbn9rBrXS2W8RFzRjUDUo-ZMWOmAiSyQLgIFlmohLNn5JqUm57U7HRMh2cdoa0cCeXx5lt1V-l07QW1n-okJ8hl7uK_oWsq-4JPHkNYIUJEJdL8NxChpOTFDvVxiS4AoWlELwceACVAYUkB3wd5fpe92jjQ499Z3uv07pG83Ykep2gvCWaKZIrfpdX95HrRIK7o-byVJIdcmjys23jeLkLKxbyvOUZeNf4BDB7-aTq0fDwSwUpivC-R8Gzybc6xf2IaXSLdboUmPTAxASo3Z_lZgXf5kt8heH64I1FQesLZ__qZPy9ywu_X-RQhNNcDViLjW_6B-_lcjPxPjoYiERG0G550YgAb34p09WBRAXep3=w1213-h810-no

昨日のブログに続き、今日もカンファレンスの運営振り返りです。今回は iOSDC Japan 2018 についてです。 

 

 

iOSDC Japan 2018 ってなに?

iOS関連技術をコアのテーマとした、技術者のためのカンファレンスです。

 

数字で見る iOSDC Japan 2018

  • 開催回数:3回目
  • 準備期間:約5ヶ月
  • スタッフ:約70名(実行委員長 1、コアスタッフ 18、コアネットワークスタッフ 10、当日スタッフ 約50)
  • プロポーザル:540個
  • スピーカー:129名
  • トラック:4つ
  • スポンサー:48社
  • 総参加者数:920+名
  • 企画:ルーキーズLT練習会、オープニングパーティー、アンカンファレンス、Interactive Round Table(IRT)など ※今年初のもののみ記載 

    https://lh3.googleusercontent.com/6AaveBsqzqPzzeQxbZcQ-g_daEdnQomQwTaHZihtXwuHfa5WfnD-_Y_KPzo4Jt7yHG2YqWzXT1Buhbz6_Lx6dSd4bq9q7thFdsJb_WqZq129DmJ8JDMsGzemw9Z1nxm1fkfCHJiSxbsWPuBM1K60DcW8XRNzVypbcABwRhxP7-ukJZkdn72470XLlopLrENKHQ2INgWLZ2LiOndiZ_WiJNrpfwLJLDHGzU8ieWH7NfX8RnPGs6haMyOYz103OL00iijmY_lTRbqqLMFZ4JSLMSHHLGpYKGQxNw1ftWIE10HqFRTBiK_RLhIA_Z62HhGBnkZcqSsSN8R9VeJ-ZoZgZnwZZDV70s99MIG8DdyjpmB0wMN77cCGpAo8iCKBkILpRQSVTPqoH8bIaBcvu366lU5PKNtOl15JRrBsUjMbRTSdvHkHi-QGDdwHi74Bs0i2sGoMktdAlpZf6Cut0hnFzunvp7-9wacVwa8li0Gwc8pLYRM34WKSZ0X3EjSi8ea4SJqIPdnWcwAIcwqPtZGRXWR3susALB1feQsaO1xYfJBg2e9C6DadVjIqle8KZKvyPFx3ryiwTbVPw0Uz33stXVFPOnphEIsVGNA9Jsg0i5Txphucg-N248BgajGIlG71xWOzRsY7CncdLerPvqb-XTwrK4XrkydFqJPOBpQAFh9gv1y4fExNu4tpow=w1091-h728-no

 

原点ですから

私にとって iOSDC Japan は初めて運営したテックカンファレンスであり、iOSDC Japan のおかげでテックカンファレンスの運営が好きになり、そして趣味になり、さらに仕事にも活かされています。(現在、株式会社メルカリで Mercari Tech Conf 2018 の運営をさせていただいています)

スタッフじゃない = たぶん私の身になにかあった

ですので、私が iOSDC Japan 2018 のスタッフをやることは自然の流れであり、もし今後 iOSDC Japan のスタッフをやらないことがあったら、それは何か大きな変化(良くも悪くも)があったのだと思ってもらってよいかもしれません。


やりたいこと >>> やったこと

去年よりも iOSDC Japan に割いた時間が少なかったので、やりたいと思った企画や制作物*1の多くに手をつけられないまま終わってしまいました。

今年私がやったことといえば、定例でわいわい好き勝手なことを言って妄想を広げたり、デザインMTGで一部制作物をガッと進めたり、当日スタッフの役割振りをしたり、SlackやTwitterや会場全体を見て色々オペレーションを回したり…

(あれ、何もやってないわけじゃないな?)

 

風のように過ぎ去っていった

前日まで、お見送りになっていった企画や制作物を想ってはちょっと(´・ω・`)シュン…としていたわけですが。

8月29日から9月2日までの5日間は、毎日ゲスト*2のことで頭をフル回転させていて。

ゲストの喜びが私の喜びでした。

嬉しかったことを挙げ始めるときりがないので、それはやめておきますが。

「楽しいカンファレンスだった」「また来たい」「またスポンサーしたい」「またスタッフをやりたい」という声を多く聞いたので、カンファレンスも、自分の動きも、当日に関してはとても良かったんじゃないかと思います。

 

本編が3日間あるメリット

日単位のProblem(解決したい課題や問題)が発生したとき、最大2回Try(解決策のお試し)できる = PDCA がすぐ回せることは良いなと思いました。

例えば、朝食のPDCAはこうでした。
1日目、準備してなかった。けど、午前中に来る人も居るしあったほうが良いかも?
→2日目、近くのミスドで購入して提供、好評。明日はちゃんとした物を提供しよう

https://lh3.googleusercontent.com/VwmZ1SBctMUrCViiTT4fUVtGVNLql7Ax1kAxH01u5UgPZZZEstHo3ph1nFTj6pzSpdmTEbdzne7LDHRJa9f_4nrK9k9Xz9NCFgmnrjJQVrf6s1oIX7B3Gm-wmBAowdNJmKxTqt19HNLUWCeSg5yKXz0kFWunRn8rDr4ucP0OfS_S-G2nTOIqqE_IeVlSHW85LW1KI8yVVhdG4eGvnqSXGEEmivQZ0x5SYMdqX80LaXPuI7wpwjz0rwAZIKLCLGsI9bioDKmchJW8poM2KxWVCjGMfxOKRXgtNsecD2qGLCayWzbrkOGy7KvARBrO00AQtiS_3kXkCeeCC1WwQDncJuGTRkV13FngczhFZDEZm2JdxZUlEj3r80oPTc_Sev-4-hi_151zDCCjRkIgnQ_9MNM_uP-N3DzHldrh178pOXrLn_0fg0MtmwdPBgdyGB5hzkUuzXshsGLTHkcZqGJ-Li1IT0AFX5QxFXFkiYh-bNkUbf38QsSkbSFdhdy7x1Zbv5PlpNYma8dUpsgCii1bevaSg_QvVeWqZH8ivzhr0Qvvbm8fjlGHgZOYAiFvEtUBYcAxCbvbm60RWzOl5By_lTGme7s_r7JykA9bvxftCS2NK66FyG5Faq-C6fD9MX3Ve-Q2CiIAqWtfkFKxmgH7eMjyQBeUhOaFWDyxMsTZdMuXTfJy3bvukCczeg=w1091-h728-no
→3日目、ケータリング会社のご飯を提供、好評。数が足りなかったので、次は2倍発注しよう。(記録 issue と KPT シートに記入する)

https://lh3.googleusercontent.com/Ayf6poBkObaZ55eUfGvgQ8XmR6CqJ1a2auR4HCl6S0CYtB76uVRv_8Cr9ONxxpRmoApa30zKrggv4kwEjVyiOoadqnOQJoa1TDHGuYpgH6lX4p265jjP4vs0R8DOoq87d9GtcNtum8KmY2ZAF7ZufPelUjM_FcBMRYFjOlxfA0M7tR05yyuyzTBXu_FRxqB3U6YBS0SUxh2ClmodVzhjVR0eGOKuizMDDFcXIi7lx2VqZ_clQ0v6WU5Uzj24_BFI0cfkHyztQx4BcMj_KAbhXZF-lc1tqglbnmW8lZ_aTNIkjdKMVJWQcJEjw4DlH-yVZ1VKhwyX9ZoOugWxaJmwQU856yRc4uG-fC9gLCuDcWoPraGCuSkCuDeSNx6KlW14ZT9DuATYtQwAne90bT0xs3C2R6HLYXSsSl5CP73z0s_WkkjIHobLAqAakgEKaF3F5RBpVO-mrQscbRPDuGIdS_JAEvepzhz3qUnG4JfFVPIRSI7Fvip54faXme3mtXbu6SjONxz493eZjMwHYW6RfckzTyvideE0XyEUUJkvZ9nCFGocvlipv-f39NEIguA5ySb-aa2Q2dd7LImHHP7sfTgRnOUF5kepR-FOAPTofKtdIXFrc5cSytJ48OQ7ob2mK3utV9rJYqeQaSfF-HBTOEXSBAXohs_7LVIi_Dh6djSiejL7HGQPdUp7TA=w1091-h728-no

 

 

本編が3日間あるデメリット

最終日の疲労(体力不足)

 

大量にあるKPT

カンファレンス期間中だけで200個くらい出たKPTの項目を眺めながら、まだまだやりたいことがたくさんある、iOSDC Japan はもっと良くなる。と思いました。

来年はちゃんと時間を確保して、参加者、スポンサー、スピーカー、スタッフそれぞれが広く深いコミュニケーションを行うための企画や制作物を作りたい。

新しいスポンサーの確保のための稟議サンプル作成したい。

スタッフ全員で遊んで、事前にどんな人たちなのか理解し合いたい。

(誰か一緒にやりませんか?)

 

満足したときは…

1日目に @tomzoh さんと「もう3年目だし、今年は楽に回せるかなって思ってたけど、ぜんぜんそんなことないね」「毎年やりたいことが増えますからね」というような話をしました。

個人的には、 iOSDC Japan の運営で満足できる年はきっと来ないし、もし満足したのだとしたら翌年それ以上良いカンファレンスは開催できないので一旦お休みすることになるのでは…と、思っています。 

(私が iOSDC Japan の運営が好きな理由の一つに、毎年パワーアップしていくぞという気概があるというのがありますからね。それがなくなった時、はたしてその iOSDC Japan は、私の好きな iOSDC Japan なのか?という疑問が生まれます。)

 

みなさんへ

スタッフやりませんか?

今年スタッフをやったみなさま、ありがとうございました。最高でした。毎年最高さが増していると思うのですが、私の気のせいじゃないですよね。

楽しかったですか?

ふむふむ。

そうですか。楽しかったなら良かったです。来年も宜しくお願いします!

 

https://lh3.googleusercontent.com/uAZYN2ImXY8KeJ35NKKGYPy_AzsvIb8MK7B36G6kTNc_Mmw99FJZCk7c3w_d9gJHy6d9nV7tYabcAB3FBeH-D9VDOLDSaJCqzNV7Ffbp2iqHNqPoP9peQr0QcSS8q88wKGo545gZA0e8INx1X0_A8529jbLhTOkitqeaqknkuBD1JSxzn95tKQFF6V4iaFEkjj99DJqMN8fVnr1HYHTGWK03zh015fhotd13xP3xdAkvrdRdML9JNWrHJ6fyiLjK96XzEfXXLkHLIvPKMQSnvygf3mdWQAqN3OlXJ-t-rNzi99gagFMmH4W3IHyy_TiuPIRxTcqWHiUZ0ngju9fEOZIXU0QMNDcRh4uQVWY-qvQlEMA5A7WURI0dcY_cw6xS3p7JFkKYuAJOgvJUJr1EUs5oBVov7LgJDLju8Ks66Q0CcjwMA-tUkP79r8M7EImzeaRGxN5zu-2Xq7j3zQmn3A8lDz86Tdnjm24wUgPWfkf3xTS07f-cRW85ia9mXbCseM8d2Ej89O120sCqKlXtLkbPBl-r3hWnPBAU5FjivvYksQ41Ho6XZHhBZCOWfHJp8qL78B3TrSFzZRTb2fxCJZ9LAjIx8D00QpoXo6b4OQq0516Y0TxNKN4DTYz5P7ZBkpSChcf_2xLsRrm2fMWCR6PHZP7JxFBAOTpi5C18i5arLwWWWEp2e4Hv=w1091-h729-no

まだスタッフをやったことのないみなさま。

技術と人の出会い、スポンサーと参加者との出会い、スピーカー同士・参加者同士の出会いの企画…そういう場作りに携わりませんか?

ぜひ一緒にスタッフやりましょう!

コアスタッフをやりたい場合は、まずは当日スタッフをやるとお誘いが来るよ。
当日スタッフをやりたい場合は、開催前に公式から募集の案内が公表されるので、そこから応募してくださいね!

分からないことや不安なことがあったら、@iosdcjp にDMください!

 

スポンサーしませんか?

https://lh3.googleusercontent.com/ZDEtBiYwlnRcqJ8mFkoB72rHbQkxU1CmfDx6aUgRNnILBn8rwxnpuOE8HQVkCSQllTzB29uIo8EUh7Jz0sJpdJniesBhqkjjLFzOPtEUOj5z6_OTU29d7tdh3C6PmC0xQrQam6WaS8beyqCMZ-FfTbm0r13wVqmbda8Ci88zGl9i-sPmXKKDEEiioHhkiGUf5mtS0Oy08JLpsbAyK1NdBdfa-G5WgONYibcGd7UTkZbzRQJfbSBHZQO32WR9PxvdbCUi1fE1fuS1dQ5ZZ25jRlb0fzr-x4CkwTAw2tzyRMaEAh_XlheyPAYVju4tKDcSouYedJ-Y19Jjvvmc9VGJEOBJAds1PEBj9p0xu12pCtqpEoHfl-qt9eaKDRURCY-fJEeSWb2OwfsNnX8YmVjXND4cqOCRcNIR0DrEHKN6oOwJqDLa6kXPvur8ksD0n8VUKhYUUuXpfjgYFNG75D12Objd0ZhoPmDyFr_gFc6NKmPcv4mHA0aKZ7evSbyV6oDhxv9Z-feIOwNiwVWQoPgssoTuvfWmu8TF-S4FBs36TqPiY6iAoSrqE5tq29BnrprrxBnpLmUIh6AH0DcT5tMQ_qjHWCMvJHjZau8h23GULxsVDT4gG__RCRNp7ea_UKVT2VlfMAvaY6KNniXCCDKo3NtNQEuXYfPNPTkz7UVbmUbQgmk-gV8SfiGnzQ=w1091-h728-no

今年スポンサーいただいた企業様、ありがとうございます。来年も何卒よろしくお願いいたします。

https://lh3.googleusercontent.com/csZ1zJkVnxJiGHiApM3xCAYc7lymCDmdJplfk3l8bC5xv8vqn6No9FEPTAydY7G71oiuOUpXqNlUiomNhUgnqO63Ike5u--7ywIfbGi2mn82F3oG9kedz7sN30_Bvn1wO2TeGcV1EyCJqUhMH1747zhQwIuX5PhLg3wvIL60L81cgdOb4b8r1erH-6zv2IvuvzHHIQs7idsI2Z0BBziC-f58sHQBQb4BzDvXUOtG9ucb02JIwTNDJDqcpxNHVV01sfbdfwfRTtBbpAM3nday7plRhBmPju2m5XZZwDcuOoa-_aVjJLrdWPSguUBKTC3ZfM66DYkYTIy3OdZKOc0_UXsHevSnxH2tNob3oE8gVZP2fD-rZKD8_tEH-JcKuOoY5qsvDLUGtHo6XAFivCk2NzGN89gLjdPDUFL8U0h9ok-GuH19DA0luDUOtdVqQyTkMNtDS_gu7Fou8C3QIpXWfmpqIBzqo5uM-U367rBDjPBsj-4IIys52Zqppm3GRHryHlc47fZLfqaBmmCgJN2wm7W4KjgvvdITVRFDjYbWB3Ai7e5xHevThlbxBjkE07Bm2jU2Al8XorYQKJArbjKAX0HJ9StK8tIrFh5W7KsHNDuNHd_EwtsIX1Lu87hNSJK7BXRN4a5P03C5DnbN_qviPCnU47q4cJ0p1Q-06qCOKipx65YkKmE-oqFB=w1091-h729-no

まだスポンサーしていただいていない会社様は、ぜひスポンサーをご検討ください。

iOS関連技術に興味があり、学習意欲、好奇心、向上心がある参加者のみなさんと出会える場です。

もしスポンサーメニューに興味がありましたら、 スポンサー資料請求フォーム を送信してください。(メニュー内容は2018年のものなので、次回は変更する可能性がございます)

 

参加しませんか? 

今年ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます。来年も何卒宜しくお願いします。

今年参加されなかったみなさま。
スピーカーでも良い。参加者でも良い。きっと、面白い技術や人との出会いがあると思います。 ぜひ来年は参加してください。

https://lh3.googleusercontent.com/lya-w7W2VvPok01yKSdcd8nAsHFcqXe2021VwF-rwYBasw7t1GnpBKlBxaf8syk5W_NMfOghL8pAx_uahfoOCGpub_LSCk3j2A0VVWVCBUhQEHoLl8WINzyWnW7kEq2yP1UqliIsgncvBVcgrHp5bLS-omjBfq5-Yi4Dw2F3pHnA1w-n0sFJYU-pqg5qZKmKdQQwSNw2kBqlnUGE7sYJeZJ17Ew1lV2Gz8FwFDq5QnXIcH6OvDGEBgzYErMgxHclKWZNjvriPWNPQmTVU3gi3EJFwP1TNYJePD9WMmzwFgF0Bw0ntskIkHG8QT7Pq-zNROHeH_l7cFZVH0JjjTTxbvfIgXDiG_73qe6_r_b89ieQEX3kiaVjKSRHVjL0rQeM4HnQaAnbgR6eqZuEmKpt20XRg3HwGxguY7WE9D2zc-GHENDEeFfsc-7hL0_4YjlYUEie-T0LFqjxZu6dmYTp_jw10luEatU2RF7UESsaXaG2BENMKtOvrSRYoO0XdjqeDYMI_0zzfdrPcRapCwkyM6xzxf1Ej6kEKylkZfQMBCxwcTrBLWuS68CmxF6KuShvKR84PNxCdZjo5QaA60gE4P76DGXlMt9f4qyoG-nX1J-KCnADGSMHIhcIRW6AUupwnx7fpsw4iSr_3STUfyXjDJKFqyR-uVOsL4z51NkvzwGBdtgUpnmprD4NQg=w1091-h728-no

また来年、お会いできるのを楽しみにしています!

 

後日開催イベント

最後に、非公式ではありますが、 iOSDC Japan 2018 後に開催予定のイベントで私が認識しているものをご紹介します。

 

俺コン:2018/9/12(水), 9/13(木)

ore-con.firebaseapp.com

 

リジェクトコン:2018/9/18(火), 9/20(木)

iosdc-reject-conference.connpass.com

iosdc-reject-conference.connpass.com

 

みなさん、色んな方法で iOSDC Japan を楽しんでくださいね!

https://lh3.googleusercontent.com/ZMx1EXoPpT9OgP9Z7PEyfVeliVFOgpewKXNgmByiYWCXgyyduMUD2SMQSH7qWaS33kwAElC8aNxvaNAOfIZOjpzEA9lZVdRWk44tV3AA-IRv7GSK43q6SsgdjA9xqpe4ne2X9OSDk8DBwJuO2DHECK9TBRD-Rmhovcr0-6ktCfdKiTls78T5o5FekS7cOLhL2bfa9mqyCHF68JA_6Jo888nk-4tj8vX33RtgyeofnPNR1wWm1i1H1uBA0nISs4SHb0c3VyVNRa4vVwPvrBWu9saQCFlcrYEHevhyqKdlQu5_92uEk45HCZL5azHnibstaJ1pU0RWTrwP_ZBizXRWV2_yk_wXpOPVrHe8TK48fY8MNpHybqAQr-ZAtuu3tqznfo_BviybOOj7XY2SBAvzXiehR383OEEfgF-80KgZPkUIvK0luaKw7QShFCuIJU23D40TypS4RR909YWsNeQQi4KeEgr4mV9y4lmoc-7WBKQJl5hhjv_WzX_7qLJNno_olmSF5E0Fi-ROxLtwJLqQHPvMSCeFZHD36MIZpPJh8xDFBAyKZxze0Ecsw1QobLY5Fb5t9ftG4QmIs1yZxKFCYfEqE4a9C7dgrpiPRAOASaaOC2sUePw0XaHbL_M9XMoV6hdOj38WozdQDk2BxlRpn9CS1vr7hJt9o_VY3833WNEd68G38n_7agUC=w1098-h733-no

*1:スポンサーと参加者のコミュニケーションを促進する企画とか、特別コラボノベルティとか、希少なお菓子とか…いろいろやりたいことはあったんです。でも、時間がなくてできなかった。

*2:ゲスト = カンファレンスに参加しているすべての人(スポンサー、スタッフ、スピーカー、参加者、運営 etc.)

Kotlin Fest 2018 の運営を振り返る #kotlinfest

f:id:kikoando:20180910224835j:plain

2018年中の社外テックカンファレンスの運営が一段落ついたので、とりいそぎ直近(8月末〜)開催した3つのカンファレンス*1について振り返っていこうと思います。まずは、8/25(土)の Kotlin Fest 2018 から。



Kotlin Fest 2018 ってなに?

「Kotlinを愛でる」をビジョンに、Kotlinに関する知見の共有と、Kotlinファンの交流の場を提供する技術カンファレンスです。



数字で見るKotlin Fest 2018

  • 開催回数: 初回
  • 準備期間: 約4ヶ月
  • スタッフ: 16名(コアスタッフ 8名、当日スタッフ 8名)
  • スピーカー: 20名
  • セッション: 18個(オープニング 1、レギュラーセッション 9、LT 8)
  • トラック数: 2
  • 総参加者数: 約400名 
  • 企画: 特になし



お声がかかった

Kotlin Fest 2018 の運営に入ったきっかけは…具体的な言葉は忘れましたが、同じ職場で働いている @jollyjoester さんから「Kotlin Fest 2018の運営やりません?」的なことを聞かれ、それに「はい」と答えたら運営Slackに招待されて…という流れです。

私がSlackに入った時点でコアスタッフのキックオフが終わった後だったので、完全に妄想ですが、「運営人数足りてる?」「足りてないかも?」「強い傭兵召喚しますか」的な会話がされたのかなと思ってます。光栄です。(妄想です)

誘いにのった理由

誘いを承諾した理由は、「 @jollyjoester さんの稼動やばい」とか「Kotlinを愛でる?なにそれかわいい」とか色々あったのですが。個人的には DroidKaigi 主催の @mhidaka 氏がスタッフに居たというのも大きかったと思います。「一回一緒に社外活動をやってみたいなー」と思っていたのです。


事前も当日もいろいろやったよ

下見したり、未成年用シールのデザイン&発注したり、ネームプレートのデザイン&発注したり、会場とのやりとりしたり、当日オペレーションを回したりしました。ぐるぐる。

未成年用シール

みてみて。可愛くないですか?

f:id:kikoando:20180911011218p:plain

会場に未成年が全然いなくてたくさん余ったのですが、 @panini とかが「可愛い」って言って何枚も持って帰ってくれたのが嬉しかったです。ありがとう。

ネームプレート

みてみて。可愛くないですか??

https://lh3.googleusercontent.com/2GVnEt1xHa319q1YAFOqNoGn7t69Z5rpHt7MUcppH4LZv8zlLoENSISit-XqoQqprp_-t3-kMgsZNuGnKo_E2NQ_zGllzXiaGiYBJwsmMxX0oUj8CZoUUyyl6HlKOT7xLqxNVbgmID9kC1Fd51j764tztpCh8IbuE9iIA-yTAwvVRhRozWZ_cYqISDH5AK5ClNOROfmNWiV1jTGdKviV6U92EhgX4VNcfXylsXwfviCaHpEtP5lzmvIL0NqiOeKInfA2JvlGqbJgp2vtMhHQqQGxMyi-WTGxqmzOAzrMIL0j73ZsEF4AsFDcYSXOcm4lON6jHF29HafxBs_2IPe38p6KLonCtfGCFLjdSk-ybh2iRLTUsSZjJT_1OT11Tse7EAAxKOb66M8Ef5F8hhIodSPV1kkFyNGjms_BjXdwzTxHuQFSvpkILz6P7Z1VV0XKt_2AKc63qNc7QummnOnk_gUw2QC_h-bL0xvZVY5mxhKCX8in_i3xtETMOvLJ2vQA_OgOcC8iVeqFZFJEMybPiqtkiZ2eidKCphxfmK8cLkBEtFitj6mb0IdVGscyCiiBrtN5y8oCt8gk-aozEzqf2IKDVEgb5UaM9sBZ7ZQux5wx6dwbvc4c58xEOj2sovm3Gl7kdKp91eBg4ghxSQE3cqF_E-PaPWD_ZLCXl-LkTg2jt4bGFfOD63ZSqQ=w1213-h809-no

「名刺を入れる人が居るかも」という話がありましたが、実際は名刺入れてる人ほぼいなかったですね。

海外ではどうか分からないけれど、日本のコミュニティ主催のテックカンファレンスは、ネームプレートに名刺を入れる人は少ない。名前記入エリアと記入用のペンが置いてあれば、ほぼみんな名前を書く。というのを確信しました。


楽しかったよ

300−400名規模のカンファレンスに携わるのは4回目くらいなのですが、準備期間が短い&コアスタッフの数が少なめ(カンファレンス運営慣れしている人が少ない)だったので、私が経験した中でも一番「やるべきことを着実にやる」という感じでした。

会場側のサポートが厚く、軽食の提供や懇親会の準備〜撤収まですべておまかせできたのはありがたかった。ですが、オーダー先のお店に縛りが発生したり「すべて自分たちで」という感じが薄くなるのは、もしもっとカスタマイズしたい人だったら少し物足りないかな?と思いました*2。時間が無かったのもありますが…。

DroidKaigiの精鋭たちと

当日スタッフは、 @shanonim さんの友人以外、 @mhidaka 氏によってDroidKaigiスタッフの精鋭たちが召喚されました。

当日スタッフの人たちの動きからほんのちょっとだけDroidKaigiの運営が想像できたのですが、他のどこともまた違う感じがして面白いなぁと思い、同時に次のDroidKaigiに携わってみたいなぁと思ったりもしました。

新しい言語コミュニティの人たちと出会い、その人たちと一緒にカンファレンスを成功させられたことは良いことですよね。

https://lh3.googleusercontent.com/v6HcjtJhhoBH04hvPGtI0gIBGiuAWdNref9ky4NHuuz20Vps0srnmoi1-AdxVOiXi4UAMaFzTpcJA6gBQaYxAhtA717bRvZo5cQIj-IeS37EQuTt83yLLWQqY7wNEPDS_TzTK8vn9jafs8U3XPU7I8AbG8lR5yekdAd1s5p2rO47wio66xicmhMH2iNz0EWX-LaVPHKVzOM1YbUVvTGDOnxLALdunM0HwBoFJNevUILvImipOxNONS5C6-QOOSK5XqQei27XO-eVNmIyUpqWXMmQUHMTUfQ7ZaPOPvKjY5uPi4sUpMoTN_HGMYg5pdOSYSvjkIS9f5g36p6gMWuMMuHC1N7Ug9DyuF3DE_sdltkVxySE48HI9FdaUm8gwf29tEvYTj0ATX39LIPiDCJ207QskQPxlJ4vzegokS4dgT6z0_wBfc_ZZtw3jtVLtV8xNXH3Jdc7PW92DFvV5oH8_U52KY81K-OgOM652XZmUfJHtDl7TbAPCTLdh8Vd-aFFih_hGtjTU3omABC2-JUXldeZUTPZD3YYgfN2vmj92-fUWA5V92DcSTMw2B4-2bFMfUdjQvkWNuvDdPeM4aqaTSsS8y9y6j_8geibe_45llWo9aR104sspm4K6k_d-rqFe0KwiiI8TULLROUmyetix7GhZmWTb-xS88bJIW-8Gtmhc_-fDoqEuTtwqQ=w581-h387-no
うん、みんないい笑顔。



来年もスタッフやる…?

会場サポートが手厚いのでKotlinコミュニティからスタッフ希望者があと数名入れば運営自体は大丈夫そう…?

あとは主催の @ngsw_taro さんや運営をリードしていた @satorufujiwara さんがどういうカンファレンスを作りたいのか(大規模勉強会との違いとか、周辺イベント何やりたいかとか)次第なのと、その作りたいカンファレンスの雰囲気に私が合っていると良いなーという気持ちです。


参加者で「Kotlinコミュニティを盛り上げたい」という人が居たら

ぜひスタッフやりましょう!

テックカンファレンスの運営は大変だけど楽しいし、その楽しさは経験してみないと分からんものです。

既に他のカンファレンススタッフやっている人は、掛けもちするのにちょうど良い規模かもしれませんね。もちろん未経験の方にもおすすめです。


https://lh3.googleusercontent.com/b5sRLLF52dd3pr9NqxdNE5ISgMJYmrTcLMhO22UjArT7E8RfdSrUJNBjbW0co4tr9jyoctHagyc-WVPtdokmoAv_F095PX8JIcfmMYsA4dZXHghDHCBnVyENHpuRtYhjqyXbL4_J0NFAXkdDvUFcE0WxvgILgoMMm-zCWMaPbxJzRFOV271aQn3UhsyQjAjflvQUppcV0CU5eDj1Ai6AwDckoRrVtFaLspLl22CdRYdP0T8vq8Ez7lZKbBADyRi3PhCc_V5PiP4ksGxhAN_WacgVXfm9UW-BxQ1qPttE9uX-S0G7YdLmeOScGMv27fjVofVXavwbHGtBs0RNQlx4jcfJ8kwjoPiSidtG6tIgQ5dXMBYMjLHSyGGud7Kai8fWE01zp7XaMZe2BdhB2zKbIEyRBGje4OnRrZJPFe9wRCNPlIFDgGCzJNjYPESzpjUCky4kENAHmc93GDmNgm9U1bf16vgaViIZke5iLR2hPy0pJ5vi7AEjrSO2qFjFyzaasSpezeliEwCayr9MLnUzbEI6bNncRX_A2hEJgItpAUMZpYXbpuPCKohk5dDUgjZE1vVC4VnOFL07jeEo555eCjJbh5_-mXVgok2GGB7hH8_r9veU58KcEYajLj2uXnslKvINJGlcPAxMSMfjafFYkw8srn5A9IgONUUQJ6mya46-1ENH9_g9KQjCaQ=w1213-h809-no


p.s.

Kotlin Fest 2018の報告会なるものが開催されるらしいですよ。カバー画像がトートバッグですね。ロゴがかわいい…!

connpass.com

*1:3つのカンファレンス: 8/25(土) Kotlin Fest 2018、8/29-9/2(水-日) iOSDC Japan 2018、9/5-8(水-土) builderscon tokyo 2018

*2:私がこれまで関わってきたカンファレンスがこだわりの強いスタッフにより色々カスタマイズされまくっているのを見ているのでそう思うのかもしれない。

PHPerKaigi 2018 コアスタッフMTG #1

つい先日、渋谷の某所でPHPerKaigi 2018第一回コアスタッフMTGが行われました!

f:id:kikoando:20171222213658j:plain

ここで話した内容をいくつか共有します。 

 

PHPerKaigi 2018とは?

 

speakerdeck.com

(現在PHPを使用している | 過去にPHPを使用していた | これからPHPを使いたいと思っている)エンジニアが、技術的なノウハウを共有するためのイベントです。

 

開催: 2018年3月9日(金)〜3月10日(土)
場所: 練馬区立区民・産業プラザ Coconeriホール
対象: PHP関連エンジニア
規模: 有料チケット販売300枚 / 4,000円 (予定) + スピーカー・スタッフ 約100名
主催: PHPerKaigi 2018実行委員会 (実行委員長: 長谷川智希 / @tomzoh

 


 

 


 

スポンサー申し込み状況について

現状、以下のプランに申し込みを頂いています。

  • デザインスポンサー (満枠)
  • プラチナスポンサー (空き枠あり)
  • ゴールドスポンサー (空き枠あり)
  • シルバースポンサー (空き枠あり)

ベーシックプランはもちろん、コーヒーや懇親会など、オプションのスポンサーも絶賛募集中です!PHP関連企業のみなさま、いかがでしょう?

f:id:kikoando:20171222213505j:plain

美味しい食べ物・飲み物があるとより場が盛り上がります!(※画像はイメージです)

スポンサー資料請求フォームはこちら

 

制作物担当決め

カンファレンスで必ず制作するもの

  • 名札 …コミュニケーションをとる上で重要なもの!
  • ストラップ …これがないと名札を首からかけれない!
  • パンフレット …ネットで見るより、紙で見た方が分かりやすいこともある!
  • 懇親会リストバンド …懇親会は人数制限あります!
  • Tシャツ …カンファレンスと言えば!
  • ロールアップバナー …カンファレンスの存在を示すもの!
  • ステッカー …作らないと不安になる!(私だけかもしれない)

 

上記の制作担当が一人ずつ決まりました。

f:id:kikoando:20171222212407j:plain

後は作るのみ!

 

トークの時間について

トーク30分 + 質問タイム5分 + 休憩5分 の
計40分1タームが濃厚となりました。(変更の可能性あり)

 

動画配信について

やりたい!
f:id:kikoando:20171222212259j:plain
トークルームとコミュニティ(休憩)ルームにそれぞれ設置したい。当日、youtube配信できたら良いな。

 

コミュニティ(休憩)ルームの使い方について

だいたい決まってきました!
スクール形式(机あり)で100名ほど入れる部屋なので、いくつか企画スペースが確保できるかと思います。

MTGで出てきた企画は以下のようなもの。

  • プロジェクターを設置し、自由にプレゼンできるようにする
  • ホワイトボードを設置し、自由に話ができるようにする&それが可視化される
  • Ask the speaker(スピーカーへ気軽に質問ができる場所)
  • スポンサー様用スペース

etc.


そのほか、「こんな企画やって欲しい」とか「こんなスペースあったら嬉しい」という意見がありましたら、公式Twitter( @phperkaigi )に連絡したり、ハッシュタグ #phperkaigi をつけて呟いてください!

 

CfP(トーク募集)について

募集期間は12/25(月)〜1/15(月)を予定!
PHPerなみなさん。どしどしご応募ください。

 

と、この他にも色々話しました。決定事項は随時公開していきますので、引き続き公式サイト(こちら現在ディザーサイトです)や公式Twitterのチェックをよろしくお願いします! 

f:id:kikoando:20171222212100j:plain

 


 

PHPerKaigi 2018では、スポンサーを募集しています!

 

スポンサー資料請求フォーム
資料請求お気軽にどうぞ!

 

&シェア頂けますと大変嬉しいです!

f:id:kikoando:20171222212648j:plain

「よろしくお願いします!」 by @cakephper さん

iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜後編〜

この記事はiOSDC Advent Calendar 2017の22日目の記事です。

前編
中編
後編 ←今ここ。ラスト!

 

f:id:kikoando:20171217161643j:plain

iOSDC Japan 2017で、初めてカンファレンスノベルティ制作をしました。なかなか楽しかったので、自分が制作したノベルティについて書いていきます。

 

※なお、iOSやSwiftのコードは一切出てきません。

 


 

 


  

 

ボツになった案たち

タトゥーシール

iOSDC Japan 2017の(裏)テーマは?`フェス`でしたね。…フェスって、顔にカラフルなタトゥーシール貼ってる人がいるイメージありませんか?そんなわけで、個人的に「タトゥーシール作りたいなぁ」なんて思い、制作してくれる会社を探しました。

 タトゥードットコム で制作可能だったのですが、1枚600円で最小ロット数が1,000枚〜と、結構なお値段することが発覚し、今回は大量生産を諦めました。
ただ、制作方法を変え、少量生産は行いました。

iOSDC Japan 2017前夜祭と1日目、ほぼ全てのスタッフが、体のどこかにタトゥーシールを貼ってました。一般参加者の人で気づいた人は居るのかな?居たら凄い。

 

f:id:kikoando:20171221170708j:plain

カンファレンスカメラマンの@TAKA_0411さんの頬とか

 

f:id:kikoando:20171221172127j:plain

勉強会の東京外開催で鍵になるかもしれない@akatsuki174さんの首元など。

f:id:kikoando:20171221172301j:plain

実行委員長の@tomzohさんも。

これらのタトゥーは、エーワンの転写シールという商品を使って作りました。プリンターとハサミさえあればできて、しかも安い。


もし次回、参加者全員分のタトゥーシールを作るなら。「タトゥーシール制作日」というのを設けて、スタッフの有志数人でプリント・乾燥・カットを分担して行えば実現可能な気がします。

 

f:id:kikoando:20170921090845p:plain
「やればできる」

 

ピンバッヂ

ブーススポンサー様用の缶バッヂを作る際、缶じゃなくピンという案が浮かんでいました。個人的に「ジャケットの襟に、輝くiOSDCのピンバッヂをつけたい」そんな気持ちがありまして。

f:id:kikoando:20171221174641j:plain


こういう可愛いの。

 PINS FACTORY (ピンズファクトリー) という良さげな制作会社がありました。が、ピンバッヂは金物なので少量ロット複数デザイン展開させると料金が大幅に上がってしまうのと、単価が缶バッヂの10倍くらいしたので、今回は諦めました。

 

f:id:kikoando:20171221185644j:plain

後日、サンプルを取り寄せた PINS FACTORY から猫のピンバッヂをもらったのでando個人は内心ウキウキです。かわいい。

 

上記以外にも、付箋とかマスキングテープとかスマホケースとかミニホワイトボードとか、色々な案が出ていました。それらのほとんどは「これは今年じゃなくても良いよね」とか「お値段が…」とか「納期が…」といった様々な理由で、`来年検討` となります。

 

ノベルティ制作が楽しい理由

 

もしかすると、「なんか大変そう」と思う人が居るかもしれませんが、最初に書いたように私はとても楽しかったです。

理由は色々あって。デザイナーさんから上がってくるデザインが素敵だし、カンファレンスが近づくほどに「このノベルティの反応はどんな感じになるかなー」と当日のことを想像してワクワクしたり。

 

サンプル予算という制度

 

iOSDC Japanのノベルティを決めるプロセスに、「一人予算〇〇円まで、サンプル制作して良いよ」というのがありました。(これは、実行委員長が運営に関わっているbuildersconから流用してきた制度)

この制度を使うと、自分が欲しい(きっとみんなが欲しい)物をいくつかiOSDCロゴ入りで作れちゃいます。2017はあまり活用できませんでしたが、もし2018やるならめっちゃ活用して自分が欲しい物のサンプルをたくさん作りたいと思ってます。

 

無理は禁物。できる範囲で

 

ノベルティ制作は、調査したり、発注先とやりとりしたり、サンプルを品定めしたり、それなりに時間がかかります。
時間がない中、無理してやると「スタッフやらなきゃ良かった。来年はやりたくない」と思いかねないので、できる範囲でお手伝いして「また来年もやりたい」と思える状態で終わるということも少し意識しました。
(実行委員長が常に「無理はしないでね。大変そうならすぐ言って」と気遣ってくれるのが、精神的に安心できてとても良かったです。)

 

他人の意見がありがたい

 

要所要所で他の人の意見が聞きたくなるので(少なくとも私はそうだった)、何か意思決定するときに思ったことを言ってくれる人は大変ありがたいです。

生地どっちが良いと思う?とか、デザインどっちが良いと思う?とか、形はどっちが良いと思う?とか。聞きたいタイミングは結構あります。

何人かの意見が合わさることで、より良いノベルティになっていく気がします。

(余談ですが、忙しい時期や度合いは人それぞれだと思っているので、時期によって反応が遅かったり無かったりしても私は気になりません。意見はその人が言えるときに言えばそれで良いと思います。)

 

まとめ

 

つらつらと書きましたが…今回伝えたかったのは以下2点。

 

* iOSDC Japan 2017 ノベルティ制作するの楽しかったよ
* 次回もスタッフができたら&時間に余裕があれば、またノベルティ制作を楽しみたいです

 

以上、iOSDC Advent Calendar 2017の22日目の記事でした!

iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜中編〜

この記事はiOSDC Advent Calendar 2017の21日目の記事です。

前編
中編 ←今ここ
後編

 

f:id:kikoando:20171217161643j:plain

iOSDC Japan 2017で、初めてカンファレンスノベルティ制作をしました。なかなか楽しかったので、自分が制作したノベルティについて書いていきます。

 

※なお、iOSやSwiftのコードは一切出てきません。

 


 

 


  

 

ステッカー

 

 

もう、みんなのPCのどこにも貼る場所が無いとしても、作ってしまいたくなる(作らないと不安になる)ノベルティ。ステッカー。

 

 

iOSDC Japan 2017専属デザイナー(通称 あきた神)が、andoの雑なイメージ共有から素敵なデザインに仕上げてくれました。

 

・A案

andoが投げたイメージ↓

f:id:kikoando:20171220225942p:plain

あきた神デザイン↓

f:id:kikoando:20171220230018p:plain

 

・B案
andoが投げたイメージ↓

f:id:kikoando:20171220230113p:plain

あきた神デザイン↓

f:id:kikoando:20171220230204p:plain

 

エンジニアってステッカーたくさんもらってるから、シンプルなので良いかなと思って作ってもらったのがA案。

B案は、andoの「iOSDC Japan 2017のデザインをできるだけステッカーにしたい」という欲求を形にした物。
エコバックのデザインで作られた大量のiOSDCロゴ↓とか。

f:id:kikoando:20171220232209j:plain

Tシャツやタオルマフラーのデザイン↓とか。

f:id:kikoando:20171220232807j:plain

f:id:kikoando:20171220232638j:plain

本当に好きなデザインばかりだったので、これらもステッカーにしたくてデザイン全乗せステッカーを作ってもらいました。

結局、B案を発注・配布しました。感謝。

 

缶バッヂ

 
「ブーススポンサーのブースを回りやすくする何かが欲しいよね」「WWDCで缶バッヂの配布が盛り上がってましたね」ということで、作ることに。

f:id:kikoando:20170920154304p:plain

 

 

缶バッヂは、直前のスポンサー応募にも対応できるところが優秀だと思いました。
特急制作という、料金は3割り増しになるが2営業日で発送してくれるオプションがあって。実際、滑り込みで応募いただいたブーススポンサーの缶バッヂをこの特急制作で作って全てのブースデザインを揃えられました。

もし次回も直前制作の可能性があるノベルティを作るとしたら、制作期間は意識したいところ。

 

写真を見た感想ですが…缶バッヂ付きエコバックって缶バッヂ無しエコバックよりかっこいいと思うんですよ。作って良かった。
(ちなみに、モデルの男性は@motokieeさんです。さすが、キマってますね)
 


 

iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜後編〜 に続く。
iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜前編〜 に戻る。

iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜前編〜

この記事はiOSDC Advent Calendar 2017の20日目の記事です。

前編 ←今ここ
中編
後編
 

f:id:kikoando:20171217161643j:plain

iOSDC Japan 2017で、初めてカンファレンスノベルティ制作をしました。なかなか楽しかったので、自分が制作したノベルティについて書いていきます。

 

※なお、iOSやSwiftのコードは一切出てきません。

 


 

 


  

ハンドタオル

 

 

「お手洗いに行った時に使えるタオルがあると良いよね。意外とみんな持ってないんじゃない?」という理由で作ることに。 

 

 

困ったことは、生地選び。パイルとガーゼの2種類があり、個人的には薄くて柔らかいガーゼ生地が好きでした。が、実際に周りの人が持っているタオルはパイル生地のものが多かったので、迷った挙句パイル生地を発注しました。

デザインは、ロゴの刺繍のみというシンプルなものになりました。刺繍がほつれてこないか心配でしたが、自分が普段使いしているものは3ヶ月たった今でも綺麗な刺繍のままなので安心しています。

 

 

狙い通り。

 

タオルマフラー

 

f:id:kikoando:20171217180943j:plain

 

iOSDC Japan 2017の(裏)テーマは `フェス` でした。「フェスと言えば?」「タオルマフラー回してるイメージ!」ということで、作ることに。 

 

 

f:id:kikoando:20171217153322p:plain

 

デザインに入れる要素やフォントや線の太さなど、細部まで微調整していました。結果的に、すごく良いデザインになったと思っています。 

 

生地は、パイルにシャーリング(毛先カット)加工を施しています。全パイルのままより少し吸水性が落ちますが、綺麗にプリントできるので、タオルのプリント範囲が広い場合はシャーリング加工がお勧めだそうです。

f:id:kikoando:20171217174138j:plain

 

シャーリングの他にセミシャーリングというのがあったので、もし次回があればセミシャーリング加工で作ってみたいです。

f:id:kikoando:20171217175248j:plain

 

ビロードのような肌触り… 

 

 

フェスを意識したのが伝わってるようで良かった(?)です。(カンファレンス #とは)

 


 

iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜中編〜に続く。 
 iOSDC Japan 2017ノベルティ制作の話 〜後編〜はこちら。 

PHPerKaigi 2018 デザインMTGに参加した話

お疲れ様です。andoです。

iOSDC Japan 2017に続き、PHPerKaigi 2018のスタッフもする事にしました。

早速先週行われたデザインMTGに参加したので、その時のブログを書きます。

 

PHPerKaigi 2018とは?

f:id:kikoando:20171212214947p:plain

 

現在PHPを使用している、

過去にPHPを使用していた、

これからPHPを使いたいと思っているエンジニアが、

技術的なノウハウを共有するためのイベントです。

 

開催: 2018年3月9日(金)〜3月10日(土)
場所: 練馬区立区民・産業プラザ Coconeriホール
対象: PHP関連エンジニア
規模: 有料チケット販売300枚 / 4,000円 (予定) + スピーカー・スタッフ 約100名
主催: PHPerKaigi 2018実行委員会 (実行委員長: 長谷川智希 / @tomzoh

 

デザインMTG当日までの経緯

PHPerKaigi 2018のデザインスポンサーを公募したところ、ありがたい事に2社からお声かけいただきまして。

 

いただいたラフデザインを元に、コアスタッフメンバーで悩みに悩んで1社に選ばせていただきました。

 

(実行委員長の長谷川さんも「いやーー!これは!悩ましい!」とおっしゃってましたが、それぞれのデザインに良いところがあり、本当に決めるのが大変でした!)

 

そんなこんなで決定したデザインスポンサー:Hamee株式会社様とのデザインMTGにandoも参加させていただくことに。

 

MTG当日

f:id:kikoando:20171212222519p:plain

Hamee様 東京営業所のエントランス。にっこりしてて可愛いロゴですね。

 

f:id:kikoando:20171212223047j:plain

会議の様子。

手前のiOSDC 2017パーカーを着ているのがPHPerKaigi 2018実行委員長の長谷川さん。

奥の3名がHamee社のデザイナーさん。素敵なムービーとサイトを提案してくれました!

 

ムービーやラフデザインへのフィードバック、今後のスケジュール、それぞれのタスクについて話をしてMTGは終了。

 

情熱とアイデアが詰まったかっこいいムービーとサイトになりそう…公開するのが今から楽しみです!

 

MTGの帰り道

Hamee社から目黒駅までの道に、こんなお店がありました。

 

atcf.jp

 

 

なんだか美味しいビールがありそうな気配がします。

 

 

 

数分後ーーー

 

 

 

f:id:kikoando:20171212224621j:plain

「「「「カンパーイ!」」」」

 

 

 

f:id:kikoando:20171212225138p:plain

もぐもぐ(ピザが一枚200円という、驚異の安さ。しかも美味しい)

 

 

 

f:id:kikoando:20171212225359j:plain

ビールが大好きな実行委員長。

 

 

 

…と、最後は楽しい飲み会の報告になってしまいましたが、前半に書いたようにしっかりデザインMTGしてきました!

12月中にはサイト上でムービーを公開できると思いますので、しばしお待ちください。

 

twitter.com

PHPerKaigi 2018の公式Twitter @phperkaigi も、要チェックです!

 

 

p.s.

PHPerKaigi 2018では、スポンサーを募集しています!

 

スポンサー資料請求フォームはこちら。

各社からベーシックプランやビールスポンサーへのご応募をいただいております。

お陰様で、カンファレンス参加者のみなさまに快適な環境や飲み物(美味しいビール)などが提供できそうです…本当にありがとうございます。

まだ空いている枠はございますので、資料請求お気軽にどうぞ!

 

ご質問やお問い合わせは、以下のアドレスへご連絡ください。

 

sponsor@phperkaigi.jp

 

&シェア頂けますと大変嬉しいです!

 

以上。